転職後も関係を継続することが人脈を広げることにつながります

私はパンフレットや事例記事などの作成業務を続けていますが、主なクライアントはIT系企業になります。しかし、1社や2社と取り引きしているだけでは、すぐに仕事がなくなってしまう危険性があります。そこで、多数のクライアントを開拓する必要がありますが、そこで有効になるのが転職です。
懇意にしていた担当者が辞職してしまっては、その企業との取り引きがなくなる可能性がありますが、しっかりとした実績を積んでいれば、多くの場合後任者を紹介してもらえます。さらに辞職した方が転職した企業とのつき合いを始める機会になるケースも少なくありません。
IT系企業から転職する際、多くの場合転職先もIT系企業になります。そこで仕事を紹介してもらえるために、どこに転職するのか、その後も連絡を取れるのかなどをしっかりと確認しておくことが大切になるでしょう。
こうした転職を契機とした人脈拡大を行うとき、特に有効になるので外資系IT企業です。外資系では「就社」ではなく「就職」という考え方が強く、身に付けたスキルを武器にキャリアアップを図るケースが目立ちます。
このように「転職」「外資系」といったキーワードを軸に人脈を維持していくことを心掛けることがIT業界での人脈を広げるための有効な考え方になるでしょう。