IT業界の交流会参加

IT業界にもトップから担当に至るまで業界内での交流会が開かれていることが多いのが実態です。実際に今のIT業界において自分自身の企業だけで完結できるクライアントのオーダーは少なくなって来ていますのでこうした交流会に積極的に参加することによって企業としての交流を深め、さらには人脈を起動得ることによっていざと言う時に連携したコラボ事業を始められるようにしておく必要があります。このような交流会に参加することは双方が同じようなメリットを感じているので、人材としてコミニケーション能力がそれなりにあれば、人脈を構築していくこともそれほど難しいことではないと思います。トップに関する交流会だけではなく担当レベルも参加できるような交流会に幅広く参加して、企業として顔を売っておくこと、そして人脈を広げていくことが後々の大きなビジネスにつながる可能性があるといえます。緩やかな連携であっても非常に役に立つ事はあると思います。

クライアント経由の人脈

IT業界で人脈を広げようと思えば何といってもクライエント経由で人脈を広げることが1番だと思います。何といっても、そもそもクライアントとであればそれなりの人脈が構築できていて、新たなビジネスを広げていくにあたってクライアントにメリットがあるような話であれば間違いなく人脈が構築できているでしょう。
ポイントとしてはクライアントにとって信頼できる存在があるかどうかです。実際に信頼できないような企業や人脈に対して新たな人脈を紹介できるかどうかと言えば疑問がつくからです。これは担当者からトップに至るまで普段からどれだけクライアントと信頼関係を築いていくことができるかにも大きくかかっています。納期やコスト、普段からのコミニケーションなども含めて全ての面で信頼できる存在であれば間違いなく人脈が広がっていくと思います。
特にIT業界にも営業だけではなく技術者にコミニュケーション能力がある企業に関しては人脈を広げやすいと思います。

セミナーを使って人脈を広げる

IT業界で人脈を広げるにはまずビジネスチャンスセミナーやスキルアップセミナーなどの様々なセミナーに積極的に参加することが大切です。これらのセミナーに参加すれが知識や技術が身に付くだけでなく、新たな人脈を開拓することもできるので、今まではなかなか得ることができなかったような大きなビジネスチャンスも得ることが可能です。ただし、ただセミナーに参加するだけではなかなか人脈は広がっていきません。大抵のセミナーは終了後に懇親会が開かれるので、そこで自分から積極的に交流を図ろうとすることが大切です。
セミナーによって人脈を開拓したらそれで終わりではなく、その後も自分で会合を開き、できるだけ多くの人を招待したり、会合に招待されたらできるだけ参加したりして、より関係を深めていくことが大切です。そうすれば新しい取引先を紹介してもらえる可能性が高くなるので、ますます人脈が広がっていきます。ただし、人脈作りはすぐには効果が出ないことも多いので、地道にコツコツと続けていくことが大切です。

人脈を広げていく

将来独立したい、すぐに転職したいなど、転身したいという思いがある方は多いでしょう。
なんの仕事でもそうですが、IT業界での転職の場合も、高いスキルを持っているほど有利なのは間違いありません。
設計、プログラミングを行う方は、もっている技術力を高めたり、新技術の習得をしたり、技術力を客観的にわかりやすくするために資格をとるなどの努力が必要となってくるでしょう。
また、必要の度合いは何をめざすかにより異なりますが、IT系の場合英語力はあったほうがよいのは明らかであり、目指す方面によっては、その方面の学習も必要です。
どこに行っても言われ「コミュニケーション能力」ということについても意識を高く持つ必要があるでしょう。
管理職であれば、人の使い方、接し方、折衝能力、管理ツールなど管理に関する技術に意識を高く持ち勉強する必要もあるでしょう。司馬遼太郎の本を読むなんてことも少し前までは言われていました。

こうした個人のスキルということも大事ですが、転職、独立ということになれば、「人脈」というものも大きくものをいってきます。

しばらくの間、人脈の作り方についてさまざまな方の考えを投稿していきます。