業界の展示会による名刺交換

大小問わず様々な展示会が日本では行われています。その中でもIT業界に関する展示会は広いようで狭い業界なので様々な人脈が集まってきます。そこで、普段はコンペジターとしてなかなか交流することが難しいIT業界のライバル会社に対しても名刺交換から始まるかもしれませんがそれぞれのノーハウを交換するタイミングといえます。

また、展示会に訪問する一般企業の方々やコンシューマーともコミニケーションを図る最も開かれた機会になることは間違いありません。このような場所で名刺だけでも頂戴したり、情報交換を行うことで最初は浅い人脈かもしれませんが努力次第でビジネスにつながるような人脈に広めていく事は可能です。

大手企業ではなく中小のIT業界にとってはこのような展示会は自分自身の企業を売るための非常に大きなチャンスです。

大企業とは違い、積極的にコミニケーションをとることで人脈を広げていくことができるのではないかと思います。

IT業界の人脈を広げ方

わたしは、システム開発の仕事をしています。システム開発で人脈の広げるためには、大手の外注先に常駐して、仕事をきちっとこなして相手側に高い評価をもらうと、名前もしれてこいつはすごいとなるので人脈の広がりに役立つと思います。システム開発の仕事をしてると、人とコニュニケーションをとるのが苦手な社員も多いので、仕事を納期までに終えて自分の能力を高くかってもらうことが、人脈を広げる一番近い方法かもしれません。あとは、外注先で出会った方と仲良くなって、ランチに行ったり仕事終わりに飲みに行ったりして知り合いになれば次に仕事につながるステップにもなると思います。できるだけ、上をめざしたいのであれば、営業の方と仲良くなったり、チームのリーダーと仲良くなったり、役職付きの方と仕事のことを話すことで、距離を縮めて仲良くなり、気に入られるとひきぬきの話などが回ってくるかもしれません。なので、仕事で自分の能力を回りに認めてもらうか、仕事仲間とコニュニケーションをとって人脈を広げていけます。

転職後も関係を継続することが人脈を広げることにつながります

私はパンフレットや事例記事などの作成業務を続けていますが、主なクライアントはIT系企業になります。しかし、1社や2社と取り引きしているだけでは、すぐに仕事がなくなってしまう危険性があります。そこで、多数のクライアントを開拓する必要がありますが、そこで有効になるのが転職です。
懇意にしていた担当者が辞職してしまっては、その企業との取り引きがなくなる可能性がありますが、しっかりとした実績を積んでいれば、多くの場合後任者を紹介してもらえます。さらに辞職した方が転職した企業とのつき合いを始める機会になるケースも少なくありません。
IT系企業から転職する際、多くの場合転職先もIT系企業になります。そこで仕事を紹介してもらえるために、どこに転職するのか、その後も連絡を取れるのかなどをしっかりと確認しておくことが大切になるでしょう。
こうした転職を契機とした人脈拡大を行うとき、特に有効になるので外資系IT企業です。外資系では「就社」ではなく「就職」という考え方が強く、身に付けたスキルを武器にキャリアアップを図るケースが目立ちます。
このように「転職」「外資系」といったキーワードを軸に人脈を維持していくことを心掛けることがIT業界での人脈を広げるための有効な考え方になるでしょう。

人脈広げるとIT計の業務は広がります

人脈を広げることでIT業界の仕事の幅は、とても広がっていきます。やはり業務をジックリ取り組むことで、コツがわかるようになり、また顧客先での仕事に関しても、何が必要で迅速に対応すべきかなど意見を言い合っていかねばなりません。まずコミュニケーションをしっかり取ってニーズを確認することは、なにより大切に感じます。IT業界で働くには、人とのコミュニケーションをとることでチームワークも強化になり、作り込み作業などもサポートしながらお互い築きあげていくようになります。じっくり仕事を行うことで、業務を任せてもらえるようになりますし、計画的に業務を進めることで充実した作業ができるようになります。仕事の幅が次第に広がっていき、サポート対応などきちんとできるようになり、顧客先でもスピーディな対応ですぐに環境構築などでき、継続的に利用してもらえることもあるので、顧客先での信頼関係を築くのは今後においても大切になります。

IT業界で人脈を広げるには

IT業界で人脈を広げるには、まず会社で関わる業務を顧客対応など行うと出先でもかなり人脈が広がります。将来、IT企業を立ち上げるにはIT関連企業などと関わるために人脈を広げていくことは大切になります。やはり、人脈を広げることで仕事の範囲も広がるので業務は顧客対応を中心とした仕事をするようになりました。出先での環境構築やIT導入の商談など色々と企業のニーズなども分かりますし、経費削減にてITを導入する企業も多いため、色々と勉強になる点もとても多いです。顧客対応を行っていると、やはり飲み会などのセッティングもあり、そういう時に人脈作りをする機会になるので、仕事を通してIT関連企業の方々と知り合うことで仕事の幅を増やすことができ、また独立した時には、サービス提供や業務委託など交渉することもできるので、人脈作りは何より大切だと実感するようになりました。とても大切なことなので顧客対応では誠意を持って対応しています。

IT系はコミュニケーション能力は重要です

IT関連で仕事をしていると人間関係はとても重要になります。製品開発は、チームワークが必要になりますし、顧客対応などはお客様先へ行って作業をすることになるため、仕事をスムーズに行うためにもコミュニケーション能力は必要になります。コミュニケーションを上手に取ることで、人脈もかなり広がっていきまっす。人脈が広がることで仕事の幅も広がり、今まで経験したことがない大きなプロジェクトを任せされることもあります。計画的にIT業界で活躍したいと考えていたので、顧客先で対応した場合なども必要な業務をきちんとこなし、スピーディな対応で安心してもらえるよう、しっかりと対策しました。やはりお客様方に安心して業務を任せてもらうことは何より大切です。障害対応などは、迅速な対応を希望することが多いため、障害が起きた原因をきちんと説明し、納得してもらった上で作業を行うことは何より重要になります。原因を突き止めて解決することが大切です。

IT業界の交流会参加

IT業界にもトップから担当に至るまで業界内での交流会が開かれていることが多いのが実態です。実際に今のIT業界において自分自身の企業だけで完結できるクライアントのオーダーは少なくなって来ていますのでこうした交流会に積極的に参加することによって企業としての交流を深め、さらには人脈を起動得ることによっていざと言う時に連携したコラボ事業を始められるようにしておく必要があります。このような交流会に参加することは双方が同じようなメリットを感じているので、人材としてコミニケーション能力がそれなりにあれば、人脈を構築していくこともそれほど難しいことではないと思います。トップに関する交流会だけではなく担当レベルも参加できるような交流会に幅広く参加して、企業として顔を売っておくこと、そして人脈を広げていくことが後々の大きなビジネスにつながる可能性があるといえます。緩やかな連携であっても非常に役に立つ事はあると思います。

クライアント経由の人脈

IT業界で人脈を広げようと思えば何といってもクライエント経由で人脈を広げることが1番だと思います。何といっても、そもそもクライアントとであればそれなりの人脈が構築できていて、新たなビジネスを広げていくにあたってクライアントにメリットがあるような話であれば間違いなく人脈が構築できているでしょう。
ポイントとしてはクライアントにとって信頼できる存在があるかどうかです。実際に信頼できないような企業や人脈に対して新たな人脈を紹介できるかどうかと言えば疑問がつくからです。これは担当者からトップに至るまで普段からどれだけクライアントと信頼関係を築いていくことができるかにも大きくかかっています。納期やコスト、普段からのコミニケーションなども含めて全ての面で信頼できる存在であれば間違いなく人脈が広がっていくと思います。
特にIT業界にも営業だけではなく技術者にコミニュケーション能力がある企業に関しては人脈を広げやすいと思います。

セミナーを使って人脈を広げる

IT業界で人脈を広げるにはまずビジネスチャンスセミナーやスキルアップセミナーなどの様々なセミナーに積極的に参加することが大切です。これらのセミナーに参加すれが知識や技術が身に付くだけでなく、新たな人脈を開拓することもできるので、今まではなかなか得ることができなかったような大きなビジネスチャンスも得ることが可能です。ただし、ただセミナーに参加するだけではなかなか人脈は広がっていきません。大抵のセミナーは終了後に懇親会が開かれるので、そこで自分から積極的に交流を図ろうとすることが大切です。
セミナーによって人脈を開拓したらそれで終わりではなく、その後も自分で会合を開き、できるだけ多くの人を招待したり、会合に招待されたらできるだけ参加したりして、より関係を深めていくことが大切です。そうすれば新しい取引先を紹介してもらえる可能性が高くなるので、ますます人脈が広がっていきます。ただし、人脈作りはすぐには効果が出ないことも多いので、地道にコツコツと続けていくことが大切です。